Follow by Email

2014年9月28日日曜日

やはり、VESPAは生き物?

ここ何日か、走っていて、何となく違和感を感じていた僕の愛車、ET3。 別に、走っていてパワーが無いとかという、重篤な違和感じゃなくて…。 何となく、音が濁っていると言うか、上手く表現できなけどちょっと違う感じ。 今日、用事を済ませ、ヴェスパを停めて、何となくマフラーを触ると、熱いだけじゃなくグラグラ…。 なんか、取り付けが緩んでいる感じです。 一時間程、冷ましてから、もう一度マフラーを押したり引いたりしてみるとやはりグラグラ。 マフラー本体は、シャフトをブラケットに差し込んで、特に固定していないのは、以前のタイヤ交換時に学習済み。 それにしても、グラグラなので、先ずはアクセスし易い、エキゾーストパイプとのジョイント部の緩みをチェック。 期待に反して、締まりすぎる位締まってます。 意を決して、リヤタイヤ、シュラウドを外して排気ポート部の螺子を締め直す事にします。 覚悟を決めてしまえば、面倒なだけで特に難しい所も無い作業。 背中を丸め、時には地面に寝そべって、格闘する事25分。 それにしても、たった2個のナットを締めつけるために25分とは、こんな設計を恨んだり、完成したら、嬉ししさ倍増だったりと…。

さて、作業完了後の試運転。
エンジンの音は、雑味が無くなり、以前の軽快な雑味の無い独特の音になりました。
と、ここまでは、普通の作業レポートですが、なんと、スピードメーターが、普通に作動するようなったんです。
前輪は、タイヤの空気圧を調整した位で、殆ど触っていないのに。
今までは、針が振れながら、40km/h位までしか表示しなかったのに。
VESPAは生き物って、時々聞きますが、本当に体感できるとは…。
明日も、ちゃんと動いてくれるのかな、スピードメーター。

0 件のコメント: