Follow by Email

2013年5月21日火曜日

Vespa Primavera125 ET3のストライプ

やっとと言うか、いや、むしろ簡単に手に入ってしまった僕のVespa Primavera125ET3。
とても綺麗な外装なのですが、残念ながらストライプが剥がされています…。
どうやら、大半のVespa Primavera125ET3は、ストライプを剥がされてしまっているようです。




剥がされた物は貼り直せば良いと、宇賀神商会さんのサイトを見るとなんと、品切れ中。
色々探したら、○フオクで発見したのがこれ…。



さっそくボディを清掃して、貼ろうと思ったら、何と中央の太い線と上下の細い線が繋がっていました。
所謂、社外品と言うちょっと粗雑なパーツだったようです。
色合いも、フロンフェンダー左側に残っていた、オリジナルのラインと比べて、安っぽいう感じと言うか…。



クリアーの部分を残して貼ったのでは、Vespa Primavera125ET3の魅力的なボディの曲面に貼るのは難しそう。
第一、クリアーが広範囲で残っていると、出来の悪いプラモデルのデカールの様でかっこ悪いのです。
と言う訳で、先ずは全部のラインを、切り取ってばらばらにしました。
うっかりと言うか、気持ちが早っているせいか、ばらばらに切り抜いた写真を撮り忘れてしました。
切り抜いた、各ラインを再び枠の白紙に戻し、マスキングテープで軽く貼り付け、ボディに合わせて、大体の貼り付け位置を決めます。
位置決めが終わったら、一気に貼り付けます。





元々残っていた、フロントフェンダーの左のストライプと新しいストライプ、微妙にと言うより、かなり色が違うんですけど、離れているので、それほど気にならいような…。







上手く貼れた感じ…。う~ん、良い。やはりこのストライプが無いと…。
それにしても、何故、皆、このストライプ剥がしちゃうんだろう…?
車両全体が引きしま手見えるうえに、ポップな感じが出て良い感じ…。






エンジンカバーの短いストライプは、もうちょっと左右に拡げて、ボディ側と近づけた方が良かったかな…。



ついでに、ET3のエンブレムの中も色を入れてみました。
こちらは、タミヤカラーの、レッドをちょっと厚めに流し込んで、乾いてから外枠を修正して出来上がり。
こちらも、上出来…。これで外装は、完璧です。








あっ、リアキャリアの小ぶりなものが、ほ・し・い…。

外装だけでなく、メンテナンスと言うか、各部の調整や、給油などの細かい所も、色々やっていますが、それは次回…。

少しづつ、更に自分好みになっていく過程が、なんかとても嬉しいです。

0 件のコメント: