Follow by Email

2013年4月1日月曜日

恋愛成就・・・?。

実は…。


我が家にET3がやって来たのです。


一番お気に入りの角度。

もう、一目惚れっていうか…。
二つ前の記事のベスパ、プリマヴェーラET3です。ぽちっとやっちゃいました。
僕にとって、ヤフオクでは大きな買い物、ちょっと痺れる感じでしたが、特に競合もなく、開始価格ですんなり落札。
山梨からの送料も含めて、まぁ、予算内…。
車体関係は、思った以上に綺麗でピカピカ。




初対面で一番驚いたのが、このピンクのチェックのシートカバー!
最初は、何て趣味に悪いシート…。写真と全然違うじゃないと思ったら…。
前オーナーさんの手作りです。保管中シートが汚れないようにするのは勿論の事、メンテナンス等で、シートを開けた時、シートを破ったりしないようにするためだそうです。
前オーナーさんの、ベスパに対する、深い愛情を感じとても嬉しくなりました。





お陰で、シートはご覧の通り、新品のように綺麗。



そして、何より驚き、嬉しかったのは…。






日本語の取扱説明書と、イタリア語の取り扱説明所。
ノーマルのエンブレムと、「PENZOIL」のワッペン、(おまけだそうです。)。
そして、送り状には、混合給油に関する重大な注意事項。
そして、そして、大学ノート約一冊分にも及ぶ、大まかな整備記録と、取り扱いに関する注意事項!しかも、全て手書きであります!!
もう、このサマリーノートを読んだだけで、前オーナーさんが、このET3を大切にしてきてくれたかが分かります。
なんか、涙が出るくらい嬉しかったのと、そんな大切な愛車を譲って頂いた事による責任感で、胸が一杯になってしまいました。
前オーナーさんの教えを守って、大切に乗り続けてゆく所存でございます。

大切に乗らないと罰があたります。本当に…。

この他に、スペアーのスパークプラグ、オイルカップ、ノーマルのテールランプ、バックミラー、更に…。




ベスパマニア垂涎のパーツらしいエアーポンプ(空気入れ)と、これまた、超レアらしい工具袋。
車載工具は、大切なベスパを壊しそうな気もしますが…。







エアーポンプは、ツールケースを外すと、こんなところに隠されています。
今まで謎だった、一本だけ異常に長いボルトの意味が初めて分かりました。
それにしても、見えない所まで、本当に綺麗です。





車載工具は、ET3のチャームポイント、アトムのお腹のような蓋をあけラゲッジスペースへ。
キャブレターの上のツールケースは、登録書類や、エンジンオイル、オイルカップを入れるとほぼ一杯…。
そう言えば、以前乗っていた50ccは、シート下に色々な物を入れていました。

ヤフオクに掲載された写真を観て、びびっと来て、その他の写真十数枚を観て、購入を決意した訳ではありますが、落札から、配送の手配と支払そして、手元に現車が来るまでの拭い切れない一抹の不安。
そんな、不安を払拭してくれた、前オーナーさんとのメールのやり取り。
ベスパET3と一緒に届いた、前オーナーさんの愛情。何て小さい男なんだろう、僕は…。

どうやら、新車からワンオーナー、勿論 MADE IN  ITALYの成川商会物Original Vespa。
そんなことはどうでもよくなって来るような、前オーナーさんの深い愛情に包まれた極上VespaET3を手に入れたのでした。

正に、恋愛成就なのです…。



0 件のコメント: