Follow by Email

2016年3月13日日曜日

Dマウントレンズで撮る、 Vespa Primavera 125 et3

突然の、メカニカル?エレクトリカル?トラブルから立ち直り、元気いっぱいの Vespa Primavera 125 ET3。
僕も、ベスパも機嫌が良いので、今はまっている、Dマウントレンズで撮影してみました。










先日、カメラ本体ごと入手したCine ARCOと言うレンズの1/2で撮影しました。
この日は、どんよりと曇っていたので、何となく全体的に色が薄い感じです…。
それ以外は、至って平穏に普通に写る感じです。
Dマウントレンズで撮影すると、どのレンズも色合いが薄くなるみたいです。
綺麗に撮るには、カメラ側の設定が必要なのでしょうか…。









Cine ARCOの1/4。遂に手に入れた、1/4、6.5mmレンズですが…。
画像の四隅が、黒っぽくなっています。カメラ業界用語で、「ケラレル」と言うそうです…。
しかも、ピントを合わせるリングが無いので、固定焦点式。レンズを緩めたり立つ位置を変えてピントを合わせて撮影しました。

期待していたのに、ちょっと残念…。
写っている画像は、ソフトな感じでとても良いんですけど。










ZUNOWの1/4で撮影した画像です。
こちらは、ピントリングが付いているので、あまり苦労せずに比較的綺麗な写真が撮れます。
でも、やっぱり、四隅がケラレてしまいます…。
画像が綺麗なだけに、残念…。
アスペクト比を1:1にすれば気にならなくなるかもしれません…。










KINOTARと言うメーカーの6mm。6.5mmより更にくっきり、四隅がケラレテいます…。
このレンズも、ピントが調整できないのですが、レンズの取り付けを緩めたりすると想像以上に綺麗な写真が撮れます。
この位、四隅に影が写ると、007の映画のオープニングのようで逆に面白いですね。

それにしても、どのレンズも色が薄くなるのは、白黒の撮影対応のレンズだからでしょうか…。

色々、探しているうちに、次第に増えてきたDマウントレンズ。
カメラ業界用語では、「レンズ沼に嵌る」と言うそうです。
レンズ沼に嵌らぬように自制しなくては、いけませんね…。


0 件のコメント: